LivingDリビングディー第一建設| 住まいと暮らしのコミュニティカンパニー

静岡県山梨県の新築・不動産・リフォーム&リノベ・家具「LivingD」リビングディー第一建設

④オーナーTさま宅を訪問しました。『数字でみる、UA値0.41の暮らし』

99 views
約4分

 

 

 

こんばんは。
一昨年に山梨にてお引渡しした
オーナーTさま宅のご紹介をさせていただいております。

 

 

二階リビングのある素敵なお住まい。
本日で記事はラスト!番外編になります

 

 

■前回までのブログはこちら
⇒①オーナーTさま宅を訪問しました。 
②オーナーTさま宅を訪問しました。『間取りと暮らし方と。』
⇒③オーナーTさま宅を訪問しました。『UA値0.41の家の暮らし方』

 

 

 

 

訪問したのは1月末だったのですが
それより前に、お施主さまが
室温データをまとめてくださったので
そのご紹介として番外編!です

2023年の12月のデータです。
■2023/12/23
■朝4時
■外気温−8℃
■エアコン2台稼働(自動運転)

エアコンのあるお部屋(2Fリビング・1F寝室)は20℃台、
それ以外のお部屋も16℃以上の室温をキープしています。

 

そして壁の表面温度はこちら↓

 

暖かい空気は上へと行くので
2階の方がやや平均は高いですが、
どの壁もほぼ均一の表面温度を保っています。

 

(Tさま分かりやすい資料ありがとうございます!)

 

 

***

 

 

 

 

「壁の温度が一定だと何が良いの?」
と思われる方もいるかもしれませんが、

 


私たちが感じる温度(体感温度)は、
「①空気の温度(室温)」
「②表面温度(壁・窓・天井・床)」

に大きく左右されます。

 

 

冬場、エアコンをつけていても
”顔だけ火照ってしまう” ”足元が冷える”
と感じるのは室温が高くても、表面温度が低い(差がある)
のが理由です。

 

 

 

 

 

この2つの温度を適切に保つことが
心地良いと感じる住まいへと繋がります。
(断熱性能の良い家は、過ごしやすさが全然違うので
これはぜひモデルハウスでご体感いただきたいところです!)

 

且つ、容量少ないエアコンを
小さな力で稼働させるだけで
玄関に足を踏み入れた瞬間から
暖かいのは嬉しいですよね。

 

 

 

 

 

 

今回お邪魔したT様邸も、エアコンは1・2台共に
6帖用の容量の少ないものを設置しています。

 

電気代は、月平均8000円弱とのこと。
(太陽光パネル6.75kW搭載・ガス併用)



 



後から変えることの難しい断熱性能。

 

靴下を履かずに元気に動き回っているWくんを見て、
こういったお家がご提案出来て良かったなと、思いました


 

***

 

 

さて、4回に渡りご紹介してきましたT様邸。

 

訪問時はつい長居してしまいましたが、
久しぶりにお会いして、打合せ当時のお話もでき
家づくり途中も、住み始めてからも
家と暮らしを大切にされているのが伝わってきました。

 

 

Tさま、ご協力いただきありがとうございました☺

 

■前回までのブログはこちら
⇒①オーナーTさま宅を訪問しました。 
②オーナーTさま宅を訪問しました。『間取りと暮らし方と。』
⇒③オーナーTさま宅を訪問しました。『UA値0.41の家の暮らし方』

 

 

谷口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年7月1日 
株式会社リビングディーに社名を変更しました。

リビングディーは、50周年を迎えました。

「新しいミライのカタチを創造しよう!」

未来の社会と会社を見据え高付加価値の住まいとサービスを創造提供し
持続循環するロングライフデザインのサステナブル企業として
お客様の幸せと快適な 暮らしに貢献します。

  • 最近の投稿記事
  • 今週よく読まれている記事(月曜更新)